Long Love Letter

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
男たちの大和男たちの大和男たちの大和
男たちの大和/YAMATO
神尾克己役(海軍特別年少兵)

監 督 : 佐藤純彌
製 作 : 角川春樹
脚 本 : 佐藤純彌
出 演 : 反町隆史 中村獅童 松山ケンイチ

公 開 : 2005年12月17日

製 作 : 『男たちの大和/YAMATO』製作委員会
配 給 : 東映

2005年 / 日本 / 143分 / カラー

(2006年8月4日・DVDリリース)


STORY:
2005年4月、老漁師の神尾(仲代達矢)は内田(鈴木京香)と名乗る女性に乞われ、戦艦大和が沈んだ場所まで船を出すことに。まっすぐに前方の海を見据える神尾の胸に、鮮やかに、そして切々と60年前の光景が甦っていく…。昭和16年12月8日、日本軍の真珠湾奇襲によって始まった太平洋戦争は、ミッドウェイ海戦でアメリカ軍に大敗を喫して以降、形勢が逆転。連合艦隊司令長官・山本五十六大将の戦死、太平洋各地の島々の守備隊は玉砕するなど、日本軍は劣勢を強いられていく。そんな昭和19年の春、神尾(松山ケンイチ)ら特別年少兵たちが戦艦大和に乗艦してきた。大和に憧れ、日本の希望の象徴とする若者たちは、烹炊所班長の森脇(反町隆史)や機銃射手の内田(中村獅童)に助けられながら、艦内での厳しい訓練に耐えぬく。しかし初の実戦となったレイテ沖海戦で、連合艦隊は事実上壊滅、厳しい行く末にたじろぎ苦しむ、二十歳にも満たない若者たち。そして運命の昭和20年4月。最後の上陸を許され、それぞれに、母に、妻に、恋人に、家族に、別れを告げる。「死なないで」悲痛な女たちの祈りを胸に、再び大和に乗り込む3300余名の男たち。苦渋の決断をした伊藤司令長官(渡哲也)の指揮の下、「大切なもの」を守る為に、大和と共に、アメリカ軍艦載機との壮絶な戦いが待ち受ける「決戦の海」へと向かった…



公式サイト www.yamato-movie.jp/


COMMENT

管理者にだけ表示を許可する
 

PICT FLASH
TAGS
Copyright © 2007-2009 Long Love Letter. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。